一人暮らしの家庭に進めの電力会社はどこ?


国内には、東京電力・関西電力・九州電力・北海道電力など主要電力会社がありますが、電力自由化で新電力を供給する電気小売業者の数も多くなっており、それぞれの電力会社の管轄エリアを網羅している会社も増えています。
 例えば、ENEOSでんき・エルピオでんき・ピタでんなどは全国規模で対応を始めている新電力会社です。ただ、従量料金の単価は電力会社の管轄に応じて異なりますので比較をしておくことが電気代の節約効果を拡大できます。




東京電力管轄エリアなら「ENEOSでんき Vプラン+にねん とくとく割」

 ENEOSでんきはガソリンスタンドでもお馴染みの新電力、電力自由化で燃料だけでなく新電力の販売も行っています。ENEOSでんきは全国に対応している新電力で、東京電力管轄エリアでもお得に電気を使うことができるようになっています。
 東京電力の管轄エリアでは、ENENOSでんきのVプランとにねんとくとく割をセットにしたプランがおすすめです。ENEOSでんきのVプランだけでも電気代の節約効果を期待できますが、オプションで用意されているにねんとくとく割に加入しておくと、一人暮らしや電気消費量が少ない家庭でも年間6,500円お得になることも少なくありません。
 また、ENEOSでんきの新電力に切り替えるとTポイントを集めることができる魅力もあり、Tポイントを利用している人にも最適です。
※出所、車乗るならENEOSでんきVプラン+にねん とくとく割より引用抜粋


関西電力管轄エリアなら「ENEOSでんき 関西Aプラン+にねん とくとく割

 関西電力管轄エリアでおすすめとなるのはENEOSでんきの関西Aプランです。こちらのプランは標準的なもので、にねんとくとく割と呼ぶオプションを追加すると年間約4,500円の節約効果を期待できます。
 このプランは2年契約になっているのですが、続けて利用するときには更新手続きが必要になります。にねんとくとく割に加入しておくと、更新した時点から電気代の割引サービスがパワーアップするので最初の2年間よりも年間の電気代が安くなるおすすめのプランです。現在、関西電力で
電力供給を受けている家庭など、ENEOSでんきの関西Aプランを導入したときの電気代と比較をされてはいかがでしょうか。
 一人暮らしの場合でも年間約4,500円の節約ができることも少なくありません。
※出所「一人暮らしならENEOSでんきで年間約6千円お得!Tポイントも貯まる」より引用抜粋




九州電力管轄エリアなら「エルピオでんき 使った分だけSプラン」

 エルピオでんきは、LPガスを供給している会社が電力自由化で新電力に参入したブランドです。
 九州電力管轄エリアも対応しているのですが、エルピオでんきの使った分だけSプランを利用した場合、九州電力が管轄になる地域の30Aは、年間約7,800円の節約効果を期待できます。この金額は一人暮らしの場合であり、電力自由化は大家族や多くの電気を利用する人だけでなく、1人で生活している人や電気消費量が少ない家庭でも節約効果を期待できることがわかります。
 ちなみに、従量料金は電力会社の管轄地域に応じて異なり、九州電力エリアでは22.25円(1kWh)、東京電力が管轄している地域は25.25円(1kWh)などからも、九州電力エリアであれば約3円(1kWh)だけ安くなることがわかります。
※出所、従量制プランのスタンダードプランライト30AとスタンダードプランSより引用抜粋



北海道電力管轄エリアなら「ピタでん 使った分だけ」

 電力自由化で一人暮らしの場合でも新電力に切り替えると電気代が節約できる便利な時代です。
 北海道電力を管轄している札幌市などで一人暮らしをされている人は、ピタでんの使った分だけと呼ぶ料金プランがおすすめです。ピタでんは現状10Aから最大60Aの契約を交わしている人が対象になりますので、一般家庭であれば大半のお宅が該当します。
 また、ピタでんは北海道電力だけでなく、全国の電力会社が管轄しているエリアの多くを網羅しているので新電力への切り替えを行うときの選択肢にしておくのも良いでしょう。
 ちなみに、ピタ電の使った分だけと呼ぶ料金プランは、500kWhまでは料金が定額などからも基本料金だけを支払う形になる魅力を持つプランで、一人で生活している人でも年間約6,000円の節約効果を期待できます。
  北海道電力
従量電灯B
ピタでん
使った分だけプラン
基本料金 1,023円 0円
電力量料金 1~120kWh 23.98円 28.77円
121~280kWh 30.27円
281kWh~ 169.95円
※出所、北海道電力より引用一部抜粋
※出所、ピタでん公式サイトより一部引用抜粋

この記事に関連するコラム

東京電力エリアで一人暮らしにオススメの新電力会社はどこ?

 東京電力が管轄になっている新電力事業者の数は、電力自由化が行われてから急速に増え続けており電気代が安くなるからと新電力に切り替えている人も多いのではないでしょうか。  しかし、一人暮らしの場合には電...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

電力自由化で一番安い新電力はどこ?

 電力自由化の伴い大小様々な企業が電力の小売り事業に参入してきており、激しさを増しています。  これまでであれば東京電力や関西電力、あるいは北陸電力のように発電元と小売りが同じでした。しかし、今は消費...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

「ENEOSでんき」のVプランはガソリン代のメリット関係なく安い

 ENEOSでんきのVプランは電気料金がお得になるので人気があります。  支払い方法をカード払いにすることで、ガソリン代や軽油代を安くすることもできます。2年割などのオプションメニューがあることも、人...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

ガソリンスタンドが提供する新電力を比較してみよう

 ガソリンスタンドENEOSが運営しているENEOSでんきは、お得さとドライバーに嬉しい特徴を兼ね備えた電力会社となっています。  車を運転している、そしてENEOSカード会員であるとなれば、利用して...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む