はりま電力

 

はりま電力

他社との違い

はりま地域を中心として、地域密着型の電力供給を行う事を主たる目的として活動を行っている「はりま電力」では、電力自由化に伴う新しいサービス提供の仕組みを活用した電気料金の割引プランを提供しています。自分に合ったサービス提供プランを選んで、賢く電気代を削減しましょう。


はりま電力の特長やメリット
地産地消の電力活用を目的として活動
電力自由化によって削減されるポイント
セットプランでは、請求の手間や事務作業を削減
自由化の契約のためには
「はりま電気」の電気料金プラン


★地産地消の電力活用を目的として活動

 はりま地域を拠点として、新電力のPPSとしての活動を行う「はりま電力」では、地産地消による電気エネルギーの活用を目標として活動を行っている地域密着型によるPPSです。電力自由化では、発電所において発電したエネルギーを電気小売事業者が販売することによって、毎月の電気料金が割引される仕組みが最大の特徴となっています。また、電力自由化ではお金に関する事以外にも、地元の発電所において発電されたエネルギーを、地域内で活用するといった電力契約を行う事ができる自由度もひとつのポイントとして挙げられます。例えばソーラーエネルギーを活用した発電によって作られた電力を中心に購入する事で企業全体でのCO2削減を行い環境保全や社会貢献を行いたいと考えている企業には、そうした活動に適した形式でサービス提供を行うPPSから電力を購入するなどといった活用方法も可能です。


★電力自由化によって削減されるポイント

 電力自由化によって様々な新電力提供会社が登場しています。はりま電力もこうした新電力提供会社のひとつとなっており、自由化によって開始されている電力プランを活用する事によって毎月の電気料金の割引をする事が可能となっています。自由化の特長としては、毎月電力会社との契約において請求される電気料金のうち「基本料金」を主体としてコスト削減が行われるといった特長があります。そもそも電力会社からの請求金額の内訳では、基本料金、従量料金、そして燃料調整費とが合算された上で請求が行われる仕組みとなっています。このうち基本料金は主に人経費に充当される仕組みとなっていますが、この人経費を何らかの工夫によって削減することにより、毎月の電気料金から値引きするといった点でメリットを作り出しています。例えば、新電力と関連会社のガス供給とを併せて契約を行うセットプランによる割引を行う会社もあります。


★セットプランでは、請求の手間や事務作業を削減

 自由化によるセットプランの特長としては、電力小売事業者とその関連会社との間で請求を一緒にすることにより、事務作業の効率を向上させる事ができるといった点において経費削減のポイントとなっています。関連会社が提供しているサービスとしては、ガス供給であるとか、他にもインターネットのプロバイダ、あるいはケーブルテレビを提供している場合もあります。こうした関連会社による特定のサービスに加入することによって、電気料金を毎月割引することができるというものです。現在はりま電力ではセットプランによるサービスは提供されてはいませんが、しかし自由化の仕組みは始まったばかりであるため今後こうしたサービスプランが提供される可能性が考えられるとも言えます。自由化による新しい電力提供プランはこれ以外にも様々な形態があるため、自分の環境にあったプランを調べて検討する事が大切です。


★自由化の契約のためには

 電力自由化のメリットのひとつとして、契約の際には工事などの煩わしい手続きが不要であるといった点が挙げられます。自由化によって提供される電力は、現在と同じように電力会社からの送電線を活用して提供が行われます。つまり、現在電気を活用している世帯であれば、新電力に契約が変わっても見た目には何も変化がありません。はりま電力のサービスを活用するためには契約を結ぶ必要がありますが、書類上の手続きのみでサービスを受ける事ができます。何かの専用機器設置のための工事なども必要ありません。また電力供給の安定性に関しても、一般的な家庭と同じようにして安定的な活用を行う事が可能となっています。これは電気料金のうち、電気を作る必要経費である従量料金と燃料調整費との割引を行っていないためでもあるのです。こうした事情からも電気を作る基本的な仕組みが従来とは変わらないため、今までと同様に経済的かつ安定的な電力活用を行う事が可能となっているのです。


★「はりま電気」の電気料金プラン

【電灯プランA(関西電力の「従量電灯A」相当)】
基本料金 373.73円
・電力量料金
15~120kWh 22.83円
120~200kWh 29.26円
200~300kWh 23.41円
300kWh~ 26.66円

【電灯プランB(関西電力の「従量電灯B」相当)】
基本料金 349.92円
・電力量料金
~120kWh 18.42円
120~300kWh 22.28円
300kWh~ 25.5円

メリット・デメリット

■メリット
200kWhを超える従量料金単価が従来の電力会社の料金と比較すると20%も安くなり、他のPPSと比較してもかなりお得な部類に入る料金体系と言える。
■デメリット
セット割こそ、存在しないが、従量料金の安さが特徴と言える。
一般家庭向けの電灯プランAは、最低料金の単価と200kWhまでの従量料金単価は既存の大手電力会社と同じ単価

口コミ

はりま電力の公式サイトへ

口コミ募集中!

地域: 年代別: 性別: ご職業など:
口コミを投稿する ※口コミは、内容が確認されしだい掲載されます。

はりま電力の公式サイトへ