ENEOSでんき(エネオス)

 

ENEOSでんき(エネオス)

他社との違い

家庭向けの電力市場に新規参入した企業の中でも、ENEOSでんきは大規模な自社発電設備を備え、法人向け電力市場での高い実績もあります。石油元売り最大手ならではの独自サービスを強みに、新電力中でもトップクラスのお得感を打ち出しています。


新電力のENEOSでんきを使った電気料金節約術
巷で話題の電力小売自由化とは
ENEOSでんきの特長について
電気料金とガソリン代の割引で賢く家計節約
新電力トップクラスのお得感を実現


★巷で話題の電力小売自由化とは

 2016年4月1日から家庭向け電力小売自由化がスタートしました。全国で数多くの新電力会社が家庭向け電力市場に参入していますが、電力会社を変えるべきかどうかまだ迷っている人も少なくありません。電力会社の数が多すぎる上にそれぞれの料金体系やサービス内容も複雑なため、どれが一番得になるのかわかりにくい面もあります。電力の自由化は1995年の法律改正以降段階的に進められてきました。当初は大工場や商業施設など、大口の法人向けに新電力会社が電力を供給できるようになったことからスタートしています。2000年代半ばには規制が緩和され、50kW以下の事業所への電力市場参入が可能になりました。2011年の東日本大震災と福島第一原発事故に伴う電力危機を受けて、規制緩和の動きはさらに加速します。2016年4月にはいよいよ一般家庭向けの電力市場が解放され、それまで地域の電力会社によって独占されていた電力供給に初めて競争が生まれることになったのです。


★ENEOSでんきの特長について

 一般家庭向け電力市場に新規参入した企業の中でも、ENEOSでんきは10年以上にわたって企業や学校などの施設に向けて電力を供給してきた実績があります。石油元売り最大手ならではのノウハウを生かし、自社で保有する発電施設からの安定した電力供給を続けてきました。今後はその実績とノウハウを家庭向けの電力供給にも生かすことができるのです。 対象エリアは2016年4月1日現在、関東地方と山梨県及び静岡県の一部となります。その電気料金体系は 契約アンペアに応じた基本料金と使用料に応じた従量料金を基本としています。このうち従量料金に関しては地域の電力会社と比較した場合、 電気使用量が多くなるほど安くなります。家族が多く1カ月の電気使用量が多い家庭ほど、この料金体系で節約できる金額が大きくなるのです。 2年契約のプランに加入すれば期間内に解約した場合の違約金も発生しますが、 月々の料金がさらに割引 となります。


★電気料金とガソリン代の割引で賢く家計節約

 ENEOSでんきには他にも見逃せないサービスがあります。ENEOSカードでの電気料金支払いを選択すれば、ENEOSのガソリンスタンドでガソリンや軽油、灯油の料金が1リッター当たり1円キャッシュバックされるのです。ENEOSカードそのものにも 割引特典がありますし、車をよく使用する人にとっては非常に魅力的な特典となっています。最近はガソリン価格も一時と比べて安くなってはいますが、通勤に車を使う人にとっては毎月の燃料費もばかにならないものです。家族や友人としょっちゅうドライブに出かけるという人にとっても、 電気料金とセットでガソリン代が節約できるというのは大きなメリットです。電力供給そのものは従来の設備をそのまま使用するので、 新たに工事をしたりする必要はありません。新電力会社と契約した場合は各家庭にスマートメーターが設置され、電気使用量を測るようになっています。


★新電力トップクラスのお得感を実現

 ENEOSでんきではバランスの取れた料金体系と、ENEOSカードを使ったガソリン料金の値引きに大きな特長があります。その2つをうまく組み合わせれることによって、年間で相当額の出費を節約することが可能になるのです。口コミの新電力比較シミュレーションによると、対象エリア内ではENEOSでんきが上位にランクしているケースが多く見かけます。特に関東エリアは新規参入企業の数も多く、全国で最も競争の激しい地域となっています。強力なライバルも少なくありませんが、それぞれの家庭でどの要素を重視するかという基準は異なります。少なくとも車の使用量が多い家庭にとっては、電気料金と組み合わせた割引サービスが家計節約に貢献する割合も大きくなるのです。数ある新電力の中でも、ENEOSでんきの料金プランと割引サービスはトップクラスのお得感を打ち出しています。その恩恵を最大限に受けるためにはある程度の電気使用量とガソリンの使用など一定の条件は必要ですが、該当する家庭にとっては有力な選択肢の1つとなります。


★料金プラン例

【Aプラン 基本料金】
アンペア 基本料金
10~20A 280.8~561.6円
30A 842.4円
40A 1123.2円
50A 1404円
60A 1684.8円

【Aプラン 電気量料金】
第1段階 第2段階 第3段階
~120kWh 120~300kWh 300kWh~
20.76円 23.26円 25.75円


★[事例]東京電力と比較するとどれだけお得?

ケース 既存電力会社に
支払っている
平均月額
平均月間
電力使用量
年間どれだけ
お得か?
一人暮らし 5,530円 200kWh 約1,100円
2~3人家族 8,210円 300kWh 約4,940円
4人家族 11,110円 400kWh 約9,790円
5人以上の家族 12,610円 450kWh 約12,410円

メリット・デメリット

■メリット
・家族が多ければ多いほど、お得!使用量に応じた割引が受けられる
・手続きが簡単
・ガソリンなどとの組み合わせでメリットが多いので、車を利用する家庭にオススメ
・Tポイントでポイント還元あり、電気料金200円につき1ポイント
・指定のクレジットカードでの支払いなら通常の1.5倍~2倍のポイント
・ENEOSカードで電気料金を支払うと、ガソリンなどが年間最大1800円割引
・「にねんとくとく割」を申し込むと最大24か月、電気料金を割引。更新以降はさらに割引

■デメリット
・関東地方と山梨県及び静岡県の一部でサービスを受けられる
・契約期間は1年間だが、解約手数料が無いので、実際は契約期間が無いのと同じ

口コミ

ENEOSでんき(エネオス)の公式サイトへ

埼玉県・30代・女・会社員

 新電力デビューで、割安感や、車好きなので、ガソリンが割安になるなどのポイントから選びました。手続きが簡単なのに驚きました。インターネットから申し込んで、手続きが終わると、メーターの交換や東京電力との解約手続きもすべて勝手にやってくれるので、何もしないで、電気代が安くなって、Tポイントもたまるし、カードのポイントもお得なので、車使っていて、関東に住んでいるのであれば、とりあえず変更してみてはいかがでしょうか?家族が多いかどうかとか、使用電力がどのくらいなのか?とかいろいろパターンを試しましたが、損することが無かったので、チャレンジしてみました。  子供とダンナと3人暮らしですが、年間で1万円少々安くなるそうです。


東京都・30代・女・会社員

 解約手数料がかからないという事で、気軽にエネオスにしました。ガソリンもENEOSカードを利用しているので、さらに得になるという事ですし、年間のシミュレーションで1万円以上安くなったのが決め手でした。これを機会にTポイントも貯めるようになりました。また、手続きはオンラインで申し込むだけで、スマートメーターになったり、東電との切り替えも自動で、立ち合いも不要だったという手軽さも大きな決定打ですね。  お財布にやさしく、お得もついてくるという事です。  意外と1年の電気代が1万円安いというのは、1万円あれば何ができるかを考えると、大きいですよね。それにプラスアルファで車のガソリン代がお得だったり、ポイントがたまるなど、ちょっとした部分も良いと思います。


群馬県・30代・女・主婦

 安さや切り替えの手軽さはわかるのですが、せっかくの電力自由化なので、他の会社もそうですし、制度上仕方ないのですが、できれば、発電方法も選べたらよかったのですが、安かったので、とりあえず、契約しました。  可能であれば、原子力発電や、火力発電などの地球に負担のかかるエネルギーではなくて、風力とか太陽光などエコな電力にしたかったのですが、そういった電力を扱う新電力の会社はあったのですが、既存の電力会社より高かったので、あきらめました。


口コミ募集中!

地域: 年代別: 性別: ご職業など:
口コミを投稿する ※口コミは、内容が確認されしだい掲載されます。

ENEOSでんき(エネオス)の公式サイトへ
Copyright © 2017 電力自由化で電気料金を比較する.com All Rights Reserved.