グリーンエネルギーを供給してくれる電力会社比較


電力自由化によって電力会社を選ぶ時に、どうせなら再生可能エネルギーのようなクリーンエネルギーを選びたいという人も多いのではないでしょうか。地球環境のことを考えれば、二酸化炭素を排出する火力発電から再生可能エネルギーにシフトするのが理にかなっています。しかし、電力自由化されたもののどんな電力会社を選べばいいかよく分からないという事も多いようです。クリーンエネルギーを提供している電力会社を比較してみます。





100%自然エネルギーのグリーナでんき

グリーナでんきは、100%自然エネルギーで発電された自然電力の「GREENa RE100」というプランがある電力会社です。自然エネルギーとグリーン電力証書を活用することで、日本で初めて100%自然エネルギーを実現することが出来ました。二酸化炭素の排出係数はゼロとなっています。

「GREENa RE100」のプランでは、グリーン電力証書を購入する発電所を自由に選ぶことが可能です。

また、お財布に優しい自然エネルギーが50%の比率になっている「GREENa スタンダード」というプランもあります。こちらも二酸化炭素の排出係数はゼロに抑えられており、地球環境に良い電気代もお得なプランです。電気の品質は、今までと全く変わりません。


GREENa RE100(100%自然エネルギープラン)

  契約アンペア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 関西電力エリア
基本料金 30A 990円 858円 858円 333円72銭
※最低料金
最初の15kWhまで
40A 1,320円 1,144円 1,144円
50A 1,650円 1,430円 1,430円
60A 1,980円 1,716円 1,716円
電力量料金 (1kWh毎) ~120kWh 18円58銭 19円88銭 21円06銭 21円12銭
(15kWh~)
120~300kWh 25円33銭 26円48銭 25円54銭 26円68銭
上記以上 29円28銭 30円58銭 28円49銭 30円49銭

GREENa スタンダード(温室効果ガス(二酸化炭素)の排出ゼロ)

  契約アンペア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 関西電力エリア
基本料金 30A 960円30銭 832円25銭 832円25銭 333円72銭
※最低料金
最初の15kWhまで
40A 1,280円40銭 1,109円68銭 1,109円68銭
50A 1,600円50銭 1,387円10銭 1,387円10銭
60A 1,920円60銭 1,664円51銭 1,664円51銭
電力量料金 (1kWh毎) ~120kWh 18円58銭 19円88銭 21円06銭 21円13銭
(15kWh~)
120~300kWh 24円57銭 25円16銭 24円77銭 25円34銭
上記以上 26円94銭 28円12銭 27円06銭 27円44銭

※出所、グリーナでんき公式サイトから引用抜粋


水力発電100%の東京電力のアクアエナジー100

東京電力のアクアエナジー100は、水力発電によって生まれた電気を届けるプランになります。東京電力グループの一般水力発電所で発電されたものとみなされる電気のことで、二酸化炭素の排出はゼロとなるクリーンエネルギーです。

電気料金の一部は水源涵養林を育成したり、設備の改良など水力電源を維持し拡大するために使われます。そのため自然電力の普及に貢献することができます。

WEBや電話で手軽に申し込むことができるようになっています。電力自由化によって様々な電力会社が登場しましたが、色々比較してもやはり東京電力が一番安心という人も多いと思います。アクアエナジー100は、東京電力を利用しながら地球環境にも優しいエコな電気プランになります。


東京電力の「アクアエナジー100」のプラン内容

基本契約 契約アンペア 料金
10A 561円
15A 841円50銭
20A 1,122円
30A 1,683円
40A 2,244円
50A 2,805円
60A 3,366円
電力量料金
(1kWhにつき)
~300kWh 23円83銭
300kWh~ 30円57銭
※出所、東京電力エナジーパートナ公式サイト「アクアエナジー100」から引用抜粋


再生可能エネルギー比率100%でCO2排出量ゼロ「みんな電力のプレミアム100プラン」

みんな電力のプレミアム100プランは、再生可能エネルギー比率が100%の自然電力をメインとする電力プランです。二酸化炭素の排出量はゼロとなっており、電気の品質や安定性もこれまでと同じになっています。みんな電力では透明性の高い電気料金をコンセプトにしており、事前に電気料金のシミュレーションを行うことができます。

現在使用している電力会社からみんな電力に切り替えるのはとても簡単で、スマートフォンで手軽に切り替えられます。今までの電力会社に解約手続きを行う必要はありません。申し込みと同時に、解約手続きも行ってくれます。それから特別なイベントも実施しています。発電所の見学ツアーや電力自由化をテーマにした講座・セミナー、スポーツ教室等があります。


みんな電力プレミアム100プランプラン内容

基本
契約
契約
アンペア
東京電力
管轄エリア
東北電力
管轄エリア
中部電力
管轄エリア
九州電力
管轄エリア
関西電力
管轄エリア
中国電力
管轄エリア
四国電力
管轄エリア
10A 643円 626.5円 626.5円 643円 665円
(6kVA未満)
604.5円
(6kVA未満)
676円
(6kVA未満)
15A 714.5円 689.75円 689.75円 714.5円
20A 786円 753円 753円 786円
30A 929円 879.5円 879.5円 929円
40A 1,072円 1,006円 1,006円 1,072円
50A 1,215円 1,132.6円 1132.5円 1,215円
60A 1,358円 1,259円 1,259円 1,358円
従量料金
(1kWhごと)
26.48円 26.42円 27.31円 23.69円 23.85円 25.8円 25.73円
電源コスト調整単価
(1kWhごと)
-5.18円
再エネ賦課金
(1kWhごと)
2.98円
※出所、みんな電力公式サイト「料金プラン」から引用抜粋


CO2排出ゼロにこだわる「自然電力のでんき」のse100プラン

二酸化炭素の排出ゼロにこだわるなら、自然電力のでんきが提供しているse100プランがおすすめです。自然電力のでんきでは電気を使うことで自然エネルギーを増やせる3つのプランを用意しており、その中でもse100は二酸化炭素の排出がゼロになっています。

これは年間で杉の木198本分に相当する二酸化炭素になります。電力自由化によって、今までと比較すると二酸化炭素の大幅な削減に貢献することができます。

太陽光発電や水力発電、風力発電などで作られた自然電力が届けられます。WEBや電話で申し込むことができ、カスタマーサポートもあります。何か分からないことがあれば、すぐに相談することができます。従来の電力会社の解約手続きなども代わりに行ってくれます。


※出所、自然電力のでんき公式サイト「家族割引」から引用抜粋

この記事に関連するコラム

大手電力会社だからできるCO2排出0!クリーンエネルギープラン!

電力自由化によって電気事業への新規参入が増えた中、大手電力会社はクリーンエネルギーを魅力としたプランが多く作られました。現在、日本の大手電力会社である東京電力、関西電力、四国電力、中部電力には、大手...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

電力自由化で売電先が充実!お得な売電先を比較

どこにいても必ず手に入るものとして太陽光があります。その恩恵を有効に活用できるのが太陽光発電です。設備さえ整っていれば無尽に降り注ぐ太陽光が電気になって利用できるようになります。 また、作りすぎてし...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

電力自由化!楽天でんきがオススメの4つの理由

通販サイト大手を有し、球団経営も行う楽天グループ。最近では携帯電話事業への参入で注目を集めています。この楽天が電力自由化に伴い、全国の一般家庭向けの電力供給事業にも参入済みであることをご存知でしょう...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

東京電力の「耳よりセット」で電気料金だけじゃなくガス代もお得になる?

 東京電力は関東地方を中心とした電力会社で、耳よりセットと言われる電気とガスを一つにした料金プランが2018年7月からスタートしています。どのようなサービスの料金プランで、切り替えることでどれくらい電...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む