賃貸アパートに一人暮らしでも電力自由化のメリットはあるの?


 電力自由化に伴い多くの事業者が新電力サービスを提供してきましたが、見れば見るほど、家族構成の多い、大家族であったり、電力使用量の多い家庭にのみ恩恵をあずかれるプランが多く、例えば、アパートで独り暮らししているような家庭でも、電力自由化のメリットを享受することができるのか?
 そんな一人暮らし向けのプランを紹介していきます。探してみると意外とあります。




新電力のプランは電力量に従って大幅に安くなる

 電力自由化によって多くの人が、高い電力会社から安い電力を供給してくれる会社に移りたいと思っています。
 大手の東京電力や関西電力、東京ガスなどに比べるとHTBエナジーの新電力のプランは電力量に従って大幅に安くなすシステムになっています。
従来の電気代よりかなり安い料金になります。そのため、 年間で考えると今まで支払っていた電気代より数千円の削減をすることが出来ます。
 電力自由化というと持ち家の人だけに適応されると勘違いしている人もいますが、そうではなくこの電力自由化は、一人暮らしの賃貸アパートや賃貸マンションに住んでいる人でも電力会社と直接契約を結んでいる人なら電力会社を変えて電気代を安くすることが出来ます。


東京在住で東京電力と東京ガス、関西電力の新電力プランを比較

 東京在住の賃貸物件に一人暮らしの方の場合を考えてみますと、関東エリアには最大の会社であり東京電力と東京ガスがありますが基本料金はアンペア制で電気料金は3段階になっています。
 基本的は同じになっていますが。
 東京ガスは使用量が多い家庭ほど東京電力より電気料金が安くなって行きます。
 使用量が多い家庭ほど東京ガスの方が、電気代が安くなります。
 逆に東京電力は、一人暮らしなどの電力をあまり使わない人に対して安くなし、年間で3千円から5千円程度安くなります。
 関西電力というと以前は関西の電力のみ扱っていましたが、自由化になり東京でも関西電力からも電力の供給ができますが、一人暮らしの場合には東京電力のプランが一番安い費用で利用することが出来ます。

【首都圏電気基本料金比較】東京電力VS東京ガスVS関西電力

 関西電力は契約電力が6kWを超えるかどうかがポイントになるプラン設計になってます。
区分 単位  料金単価 
契約電力6kW以下 1契約   788.4円
契約電力6kW超過 ~6kW  1契約  1,630.8円 
6kWを超える1kWにつき  1kW 280,8円 

東京電力VS東京ガスと電気基本料金比較
契約アンペア 東京電力 東京ガス
10A 280,8円 280.8円
20A 561,6円 421.2円
30A 842.4円 561.6円
40A 1123.2円 842.4円
50A 1404円 1404円
60A 1684.8円 1684.8円

東京電力VS関西電力VS東京ガス電力量料金比較
段階 電力量 東京電力 東京ガス 関西電力
第一段階 ~120kWh 19.43円 19.49円 19.42円
第二段階 120~300kWh 25.91円 24.89円 25.57円
第三段階 300kWh~ 29.93円 26.99円 27.59円

 電力量が本当に少ない家庭であれば、首都圏在住であれば、関西電力のプラン、300kW以下であれば、東京ガス、関西電力のプランも魅力的という事ですね。


一人暮らしならHTBエナジーのB5コースならメリットが大きい

 しかし、一人暮らしの場合にはHTBエナジーB5コースこそが一番安い料金で利用することが出来ます。
 このHTBエナジーB5コースは、一律で5%オフになる重量電灯B5というプランです。
 このコースを利用すれば年間で6千円以上の費用が安くなり、5年という期間で考えると3万円以上もお得になります。
しかもポイントが増えて行きその貯まったポイントを旅行やお買物等に利用することが出来るのでさらにお得です。
 ポイントのキャンペーン期間なども設けられており、キャンペーン期間を利用すればさらに多くのポイントを貯めることが出来ます。
 費用を抑えることが出来るだけではなく、ポイントが貯まって行くのはとても得をした気分になれます。

HTBエナジー 東京大江戸プラン(重量電灯B5)

基本料金 東京電力の 5%OFF
従量料金 東京電力の 5%OFF
 一人暮らしの人でもこれなら間違いなく、東京電力より安いですよね。東京電力より5%OFFというのが料金設計なので、分かりやすいかと思います。


趣味嗜好に合わせてメリットを得られる新電力もある

 電力自由化によって多くの新電力が生まれ、趣味や嗜好に合わせて選ぶことが出来る新電力も出来ており代表的なのが、タニタでタニタの活動量計が無料でプレゼントされて歩いたり走ったりするとポイントが貯まって行き、貯まったポイントに応じて電気料金が安くなります。
 歩くのが好きな人は、ポイントが多く貯まり電気料金の割引が多くしてもらえるのでかなりお得です。
 車によく乗る人の場合には、ENEOSでんきがおすすめで電力と給油がセットになっており電力に加入することで給油をする時に安い料金で入れることが出来ます。
 その他にもケーブルテレビを見ている人ならj:comでんき、投球沿線にお住いなら東急でんきなど多くの新電力が出ており自分の趣味や嗜好に合わせて選ぶことも出来ます。
タニタ×イーレックス
あるく・おとくでんき
歩いた歩数に応じて電気料金が割引
ENEOSでんき ガソリンの給油の際に割引
J:COMでんき ケーブルテレビが安くなる
東急でんき 東急ポイントが貯まり、定期代、切符代、や東急でのお買い物にメリット

この記事に関連するコラム

HTBエナジーの3種類のママトクコースとは?

 従来は1地域に1つの電力会社が担当し契約先は1つしかありませんでしたが、電力自由化により自由に電力会社を選べるようになりました。  新電力には従来の電力会社よりも低廉な電気の提供を目指しているのはも...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

太陽光パネルを無償提供?「ハウステンボスHOME太陽光でんき」とは?

 ハウステンボスHOME太陽光でんきは、その名の通りハウステンボスが展開する電力事業です。  太陽光発電が無料で始められる、また万が一電気が不足した場合でもHTBエナジーの電力でカバーできるなど、安定...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

九州在住でオール電化ならHTBエナジー

 HTBエナジーの特徴は 誰でも5%割引サービス があり、従来の料金と比べてお得に使いやすいことです。新電力は選択肢が多いために選ぶ際には料金だけでなく口コミなどを参考にすることが重要で、良い...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

一人暮らしでも電力自由化のメリットはあるの?

 電力自由化に伴い、1人暮らしの方にとって電気契約は重要です。  HTBエナジーの低圧サービスを利用することにより一人暮らし電力使用量平均以下の料金で支払いできます。  契約方法もインターネットででき...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む