HTBエナジーの3種類のママトクコースとは?


 従来は1地域に1つの電力会社が担当し契約先は1つしかありませんでしたが、電力自由化により自由に電力会社を選べるようになりました。
 新電力には従来の電力会社よりも低廉な電気の提供を目指しているのはもちろんのこと、グループ企業や提携している異業種のサービスと組み合わせることでさらにお得になるコースも提供されています。
 そんな中でもHTBエナジーは、これまでに無かった低料金と限定サービスで大きな話題となっています。




HISやハウステンボスが提供する新電力会社

 HTBエナジーとは旅行代理店のHISとハウステンボスが提供している新電力会社で、電力自由化が開始されたからこそ誕生した異色のサービスです。
提供エリアは四国、沖縄を除く全てのエリアで展開し、ハウステンボスで作られた電気を中心に供給されます。
 ハウステンボスは観光地としてはもちろんのこと長崎次世代エネルギーパーク計画の施設に認定され、太陽光発をはじめコージェネレーションによるガス発電や熱源供給システムを備えており、加入者は毎月の電気料金を節約しながらCO2の削減に貢献することができます。
 さらにHISではHTBエナジー加入者限定で、最大3000円の旅行代金が割引されるHISベネフィットセレクションHTBエナジー限定割引も提供されています。


電気代でHポイントが貯まる

 HTBエナジーでは一般家庭向けの「たのしいでんき」低圧に契約すると、登録料や年会費無料でHポイントに加入することができます。
 まずは登録だけで200ポイント、「たのしいでんき」の継続利用で1年経過すると300ポイント、お友達の紹介で500ポイントがそれぞれもらえるほか、キャンペーンに応募したり指定したサービスに加入しても特別Hポイントがプレゼントされます。
 毎月の電気料金に応じてポイントが貯まるサービスは現在準備中で、正式なアナウンスを待ちたいところです。
 貯まったHポイントは厳選した国内外のブランド品やこだわりのグルメをはじめ、ハウステンボスのご招待券やHISの旅行券など豪華な賞品と交換できます。


3種類のママトクコースを使い分けよう

 HTBエナジーでは利用者によっては日本で最高クラスの安い電気料金を実現できると話題になっていますが、その中でも最も安くなる可能性があるのがライフスタイルに合わせて3種類の中から自由に選べるママトクコースの存在です。
 従量電灯B5コースと組み合わせた例では、基本料金と従量料金が一律5%オフとなります。
 さらにママトクコースでは午後7時から午後9時まで、ミッドナイトママトクコースでは午後10時から深夜0時まで、朝ママトクコースでは午前6時から午前8時まで、それぞれ電気料金が無料となります。
 1日の中で炊事、掃除、洗濯など一番電気を使用する時間帯に合わせたママトクコースに加入すれば、驚異的な低料金を実現することができます。


日本全国で最安値価格帯の電気料金

 HTBエナジーの従量電灯B5コースでは24時間問わず基本料金と従量料金が一律5%オフとなるのに加えて、ライフスタイルに合わせて最も最適なママトクコースに加入すれば日本全国で最安値価格帯の電気料金を実現することが可能です。
 一般家庭で従量電灯B5コースに40A契約し月間平均で400kWh使用した場合のシミュレーションでは年間で約6180円もお得になり、時間帯を選んで1日2時間無料となるママトクコースに加入した場合は年間約12240円もお得になります。
 これらの驚異的に安い電気料金にHISベネフィットセレクションHTBエナジー限定割引で旅行代金が最大3000円割引されます。
 HTBエナジーは毎月の電気料金を節約したい方はもちろんのこと、旅行好きの方にもおすすめできるサービスです。

この記事に関連するコラム

太陽光パネルを無償提供?「ハウステンボスHOME太陽光でんき」とは?

 ハウステンボスHOME太陽光でんきは、その名の通りハウステンボスが展開する電力事業です。  太陽光発電が無料で始められる、また万が一電気が不足した場合でもHTBエナジーの電力でカバーできるなど、安定...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

九州在住でオール電化ならHTBエナジー

 HTBエナジーの特徴は 誰でも5%割引サービス があり、従来の料金と比べてお得に使いやすいことです。新電力は選択肢が多いために選ぶ際には料金だけでなく口コミなどを参考にすることが重要で、良い...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

一人暮らしでも電力自由化のメリットはあるの?

 電力自由化に伴い、1人暮らしの方にとって電気契約は重要です。  HTBエナジーの低圧サービスを利用することにより一人暮らし電力使用量平均以下の料金で支払いできます。  契約方法もインターネットででき...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む