東京電力「スタンダードプラン」を値下げ


 東京電力エナジーパートナーは日本最大の電力会社です。電力自由化で新電力会社が始まりお得になったと思われていますが、既存の電力大手も併せて、新プランを続々と提供しているのはご存知ですか?
 スタンダードプランの値下げが行われ、東京電力の「とくとくガスプラン」に加入することで、よりお得にすることが出来るのです。
 まずはプラン内容を確認しましょう。




東京電力エナジーパートナーとは

 電力自由化が始まったことから、私も新たな電力会社と契約をすることにしました。しかし、これによって新たな電力会社が登場しましたが電気はライフラインであることから、信頼出来る電力会社でなければなりません。
 そこで私は東京電力エナジーパートナーを選びました。こちらは日本最大の電力会社であることから、ほかの電力会社よりも信頼感があったのです。
 そして、これまでは関東地方だけで営業を行っていましたが、現在は中部地方と関西地方まで営業エリアを拡大しています。
 電力自由化を機にサービス拡充をしているのは新電力会社だけではありません。
 電力大手も顧客流出を避けるために、新たなサービスを打ち出しているという事ですね。


スタンダードプランが値下げに

 東京電力エナジーパートナーにはさまざまなプランが用意されていますが、中でももっとも利用者が多いのはスタンダードプランでしょう。
 このプラン内容が2017年11月1日から値下げを行ったため、よりお得に利用出来るようになったのです。このプラン内容はアンペアブレーカー契約のスタンダードS、主開閉器の容量に応じたスタンダードLが用意されています。スタンダードSは一般家庭向け、スタンダードLは電化製品の多い家庭向けと言えるでしょう。
 これらのプランが値下げになったことで、従来の料金プランと同水準になるのです。そして、スタンダードプランと同時に東京ガスの「とくとくガスプラン」に申し込みをしましょう。これによってガス料金が5%の割引になるのです。そして、電気代も年間で1200円の割引になります。そのため、私は東京ガスの「とくとくプラン」に同時で申し込みをしました。


ほかに用意されたプランとは

 スタンダードプランを利用することで電気代を節約することが出来ますが、東京電力エナジーパートナーにはほかにもプランが用意されています。スタンダードでは時間帯を問わずに電気料金が設定されていますが、中には特殊な生活サイクルを送っている方もいることでしょう。
 特に昼間の時間帯に家を空けている方は、夜間の方が電気を使うものです。そういった方は夜トクプランをおすすめします。このプランは夜間の電気料金がお得になるのです。
 さらに、午後11時から午前7時がお得になる夜トク8、午後9時から午前9時までがお得になる夜トク12の二種類があります。
 夜間に電気炊飯器や乾燥機を使用する方であれば非常にリーズナブルでしょう。
 また、中にはエコに関心の高い方もいることでしょう。こういった方は再生可能エネルギーを使いたいもの。そういった方のためにCO2を排出しない水力発電100%使用のアクアエナジー100というプランがあります。


ポイントを貯めて電気料金を支払う

 電気料金は毎月支払うものですが、こちらの電力会社では1000円ごとに5ポイント貯めることが出来ます。
 このポイントはTポイント、WAONポイント、nanacoポイント、Pontaポイントに交換することが出来ます。これらのポイントはさまざまな場面で使用することが出来るのでありがたいものです。もちろん、このポイントを利用して電気料金の支払いをすることも出来ます。
 しかし、このポイントを交換するには「くらしTEPCO」の会員サイトで申し込みをしなければなりません。そのため、こちらのアカウントを作りましょう。また、WAONポイント、nanacoポイントは300ポイントからでなければ交換が出来ませんので注意しましょう。そして、ウェブから申し込みをすることで、TポイントかPontaポイントが500ポイントプレゼントされます。

この記事に関連するコラム

東京電力から東京電力に切り替えてみよう?

 電気やガスの自由化って知ってはいるけど手続きとかサービス比較などが面倒でなかなか手が出せないと思っていませんか?  東京電力で電気とガスをセットで契約すると割引サービスを受られます。東京電力も新電力...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

東京電力の新電力で夜間の電気料金がお得な「夜トク」

東京電力エナジーパートナーは電力自由化で発足した会社です。新しく電気事業に参入した企業に負けないような様々なサービスやプランを展開しています。その一つが夜トクで夜間電気料金を昼間より割安にしたサービス...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む