「賃貸マンションで一人暮らし」電力自由化で安くなる?


一人暮らしで賃貸生活をしていても各戸にメーターが取り付けられているなら電力会社を自由に選んで契約することができます。
 基本料金の高さや他のサービスとの兼ね合いも考えてお得な会社を選んで変更すると節約が可能です。

新電力の一人暮らしへの影響と工夫




1,電力自由化の一人暮らしへの影響


 電力自由化によって契約する電力会社を自由に選べるようになりましたが、一人暮らしにも良い影響があるのかはよく考えてみる必要があります。
 PPSと契約して新電力を利用するのにメリットがある人もいればない人もいるからです。
 一人で生活をしているときにどのような生活を送るかは人によって大差があります。それに合わせた契約先を選ぶとどの会社が最適かもやはり人によって異なるからです。
 ただし、 賃貸生活を送っていても持ち家で一人暮らしをしていても新電力を利用することは可能です。
 基本的に送電は大手会社の電線を利用して行われているため、電気のメーター部分の交換が必要になる程度の違いしかありません。
 もしマンション全体で消費電力を管理している場合には自由に選ぶことはできませんが、 各戸にメーターが取り付けられている場合には電力会社を選ぶことで電力量料金を下げられる可能性があるでしょう。


2,基本料金と従量料金の注意


 一人暮らしで生活しているときに電力量料金を減らそうと考えたら 基本料金と従量料金のバランスを考慮することが大切です。
 電気をあまり使用していない人の場合にはバランスとして基本料金が高くなってしまっていることが多いでしょう。
 賃貸生活をしていて家にほとんどいないという人によくあるパターンです。 家にいる時間が少ない人には従量制の部分よりも基本料金の安さを重視したほうがお得になる可能性があります。
 逆に 家で生活する時間が長くて電気も大量に使用しているという人の場合には従量料金が安い会社を選んだ方が安くなると期待できるでしょう。
 使用量に応じてバランスを考えて選び出すことが節約をするために大切になります。
 使用する時間帯によって価格が異なる会社もあるので、使用する時間帯が決まっている場合には時間ごとの価格設定にも注意しましょう。


3,PPSに多い契約に着目


 PPSが市場に参入してきたことによって電力量料金以外に着目して月額料金を下げられる可能性も高まっています。
  スマートフォンやインターネットなどの契約をしている人は、それと合わせて契約することによってお得に利用できる会社もあるのです。
 特にスマートフォンの場合には一人暮らしで自分の分だけになるので、電力の契約によって得られる割引が契約者のみというものであっても大きなメリットを生み出せるでしょう。
 通信費も合わせて考えてみると月額料金を総じて見ればお得になることがあります。
 ですので、 一人暮らしの人は、スマホの月額料金をお得にできるauでんきやソフトバンク電気のような仕組みもあります。
 新電力に特化している会社もありますが、もともと別の業界で名を馳せてきた会社が電力供給に参入してきたケースも多いので、他のサービスとの兼ね合いを考えてみることも重要です。電力自由化に続いてガスの自由化も行われるので、それも念頭に置いておきましょう。


4,スイッチング支援システムで切り替えは簡単


 新電力を利用することによって安くできる可能性があるのは確かですが、手間がかかるのではないかと心配になる人もいるでしょう。
 しかし、 スイッチング支援システムが存在しているために手続きに手間はほとんどかかりません。
 電力会社が切り替わったとしてもスイッチング支援システム上の設定を変更するだけで契約変更を実現できる仕組みになっています。
 スマートメーターの設置だけが工事という意味では必要になる唯一の手続きですが、通常は立ち会いなしで作業を行ってくれるので普段は家にいないという人でも問題はないでしょう。
 暮らし方が変わったから新たに別のPPSを選ぼうと考えても手続きは書面上のものだけで終わります。
  インターネット上の手続きだけでスイッチング(電力会社の切り替え)が終わるような会社が一般的で、一人暮らしでも気軽に変更して電気料金の節約ができるのですd。

この記事に関連するコラム

「auでんき」と「東京電力」でどれだけ電気代が違う?

電力自由化で登場したauでんきは、セットプランを利用することで様々な特典が得られます。  電気料金に応じたキャッシュバックがあり、年間の試算でもお得です。切り替え作業も簡単に行えます。評判や口コミ、試...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む