電力自由化!高知県でおすすめの新電力会社のプランは?


高知県や高知市は四国電力のエリアであり、電力自由化の中で誕生した小売電気事業者の中には四国電力エリアを対象外にしているところもあります。ただ、電気代が安くなる小売電気事業者は数多くありますし、こちらで紹介するジニーエナジー・エルピオでんき・自然電力・ソフトバンクのでんきは、すべて四国電力エリアを網羅していますので、電力自由化の波に乗ることもできるなどそれぞれの特徴を比較してニーズに合う新電力を使いましょう。





2人以上の世帯数ならジニーエナジー

ジニーエナジーは、電力自由化で誕生した新電力を供給する会社です。ジニーエナジーは、アメリカの会社で世界最大手のVoIP事業者などで2004年からスタート、電力自由化に伴い2011年にエネルギー小売事業として独立したといいます。

アメリカにおいては、電気と都市ガスの両方を小売販売しているようですが、日本国内においての位置づけ小売り電気事業者です。高知県高知市なども対応可能にしていますし、ジニーエナジーの「みどりプランAMP」は、契約アンペア数に関係なく料金を22.40円(東京電力エリアの場合)で供給するお得なサービスもあり、2人以上の世帯であればお得な新電力になるなどおすすめです。また、電力量料金が1段階になっているのでシンプル、料金形態がわかりやすいのも魅力ではないでしょうか。


ジーニーエナジーのプラン内容①

プラン名 みどりプランKT
対象 50kW以下の契約
対象かみくだくと 一般の個人
1契約あたりの基本料金 214.50円(税込)
1kWhあたりの電力量料金 20.90円(税込)

ジーニーエナジーのプラン内容②

プラン名 みどりプランkVA
対象 6kVAから49kVAの契約
対象かみくだくと 商店や事務所
1kVAあたりの基本料金 60.50円(税込)
1kWhあたりの電力量料金 20.90円(税込)
※出所、ジーニーエナジー公式サイト「料金プラン」から引用抜粋


エルピオでんきもオススメ

エルピオでんきも四国電力エリアを網羅している、電力自由化に伴い新電力事業を始めた会社です。エルピオでんきは、LPIOのロゴマークでも有名なLPガス会社です。

高知県や高知市にお住いの人などエルピオでんきでおすすめな料金プランは、「使った分だけSプラン」と呼ばれているものです。公式サイトの中でも紹介が行われているのですが、4人暮らしの一戸建て住宅で当プランを使うと1か月1,180円の節約効果が期待できる、1年間では14,200円の電気代の節約ができるとあります。

一般的に電気代は基本料金と当月の利用料を合計した金額になりますが、エルピオでんきの「使った分だけSプラン」は、基本料金がゼロですから長期の旅行などで電気を使わないときには実施電気代がゼロになるなどの魅力もあるなどおすすめです。

エルピオでんきの四国電力管轄エリアの料金プラン

プラン名 使った分だけSプラン
(従量電灯A)
基本料金 0円
1kWhあたりの電力量料金 23.94円
※出所、エルピオでんき公式サイト「四国電力エリア_使った分だけ Sプラン」から引用抜粋


自然電力も選択肢の一つ

自然電力のでんきも高知県や高知市などを網羅している新電力を供給する事業者ですが、自然電力のでんきは太陽光・水力・風力発電所、再生可能エネルギーを使った電力供給会社です。

自然電力のでんきの料金体系は、基本料金・従量料金・再エネ賦課金の合計で分かりやすいのが特徴です。この再エネ賦課金は、年度ごとの単価に使用量を掛け合わせたものです。

正式には、再生可能エネルギー発電促進賦課金と呼ばれるもので国が定めている「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調整に関する特別措置法」と呼ばれる法律に基づいて、太陽光発電などの再生可能エネルギーを使って発電した電力を一定の期間電気事業者が買い取りを行う義務付けを持つ制度です。

一般向けのプラン

基本料金 214.5円
1kWhあたりの
電力量料金
8.72円
※出所、自然電力のでんき公式サイト「料金プラン」から引用抜粋


一人暮らしならソフトバンクのでんき

ソフトバンクでんきも四国電力エリアをカバーしていますので、高知市や高知県にお住いの一人暮らしの方にもおすすめです。新電力の中には契約アンペア数が30A以上になっているところもありますが、ソフトバンクのでんきは最初の11kWhまでは約411円(税込)、以降電力量に応じた料金体系を持ちますので契約アンペア数が少ない一人暮らしにも最適な新電力といえましょう。また、ソフトバンクのでんきは基本料金がかからない、使った分だけを支払う形の料金システムですから出張が多い人などにも無駄なく電気を使い続けられるメリットもあるわけです。

ちなみに、ソフトバンクでんきはキャンペーン期間中に、こちらの会社が用意している「おうちでんき」に申し込みをすると、電気代が初月0円になるお得なサービスも用意されていますし、キャンペーンはその都度内容はかわるけれども同等のサービスを提供しているようなので、じっくり比較しながら自分に合う新電力を探してはいかがでしょうか。

ソフトバンクのでんきのプラン内容

項目 条件 税込み料金
最低料金 最初の11kWhまで 411円40銭
電力量料金 11kWhを超え120kWhまでの1kWhにつき 20円16銭
120kWhを超え300kWhまでの1kWhにつき 26円72銭
300kWhを超える1kWhにつき 30円19銭
※出所、ソフトバンクのでんき公式サイトから引用抜粋

この記事に関連するコラム

東北電力管轄エリアで最安値の新電力はどこ?

電力自由化に伴い、現在は顧客が自分で電力会社を選ぶことができる時代です。電力事業に参入している企業の数は多いため、どこを選べばよいのか分からないという人も多いでしょう。注意したいのは、もし東北電力で...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

ソフトバンクとauの電気はどっちがお得?携帯会社比較

 大手携帯会社であるソフトバンクとauですが、近年は電力会社としてもサービス提供をおこなっています。  ですが、プランの数や内容、そしてサービス面などに結構違いがみられるので、選択の際は注意が必要です...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

「ソフトバンクでんき」は安くない?

 ソフトバンクでんきは安くないと思われることもありますが、キャッシュバックや電気料金の割引などは大きなメリットです。  また解約の際に違約金が取られるなどデメリットもありますが、2年単位で契約できるの...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

ソフトバンクの電気ってどれだけお得なの?

ソフトバンクでんきは自然と文明が調和する自然なでんきを生み出しました。原子力依存ではなく、太陽光エネルギーの有効活用という見本をしめし、これからのエネルギーのあり方を示しています、エネルギーの有効活用...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む