北海道電力管轄エリアで最安値の新電力はどこ?


北海道では北海道電力などの電力会社があり、電力自由化以前はほとんどの方が北海道電力と契約していました。電力自由化がなされたことにより、楽天電気や親指でんきを利用する方が増えています。

一方でごこと契約を結べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで北海道での電力契約について解説していきます。お得になるにはどのようにすることが重要かについても説明するので、非常に重要な内容となっています。






一人暮らしなら北海道ガスが最安値

一人暮らしの方におすすめなのが北海道ガスです。北海道ガスはかつて北海道にガスのみを供給していた会社であり、知名度も道内随一となっています。電力自由化以降、北海道ガスではガスだけでなく電力も供給するようになりました。

特に一人暮らしの方向けのプランが充実しているところがポイントであり、最安値での利用をすることが出来ます。北海道ガスのメリットを最大限に生かすためには電気とガスの両方をセットにすることが有効です。セットにすることにより、電気料金とガス料金の両方を抑えることが可能となっています。サービス内容も安定しているのでそれまでの環境をあまり変えたくない方にとっても、北海道ガスはおすすめといえるでしょう。

北海道ガスの電気料金表(従量電灯Bプラス)

種別 区分 単位 料金単価(税込)
基本料金 契約電流 10A 1契約 341.00円
15A 1契約 511.50円
20A 1契約 682.00円
30A 1契約 1,023.00円
40A 1契約 1,364.00円
50A 1契約 1,705.00円
60A 1契約 2,046.00円
電力量料金 最初の120kWhまで 1kWh 23.25円
120kWhを超え280kWhまで 1kWh 29.35円
280kWhを超える分 1kWh 32.96円
※出所、北ガス公式サイト「電気料金メニュー」から引用抜粋


二人暮らしならピタでんが最安値

新電力のランキングが様々に公開される中で一気に知名度を高めたのがピタでんです。ピタでんはそれぞれのユーザーに対してぴったりと合うサービス、料金を実施しているのが特徴であり、新電力会社の中でも特に人気があります。二人暮らしの方にうってつけなのがこのピタでんといえます。低圧電力を使う方にもぴったりであり、楽天電気などと併用をする方も珍しくありません。

オール電化のように電力で全てをまかなう場合には、楽天電気や親指でんきなどを選択することが有効となります。ピタでん、楽天電気、親指でんきなどの新興電力の中からどこを選ぶかが重要といえるでしょう。親指でんきはたくさんの電気を使う方にとってうってつけとなっています。電力自由化以降はLooopでんきなどが最安値を記録する中で、徐々にピタでんを選ぶ方が多くなりつつあります。

ピタでんの料金プラン

プラン名 税込み料金
使いたい放題 14,250円/月
使った分だけ 基本料金無し、従量料金28.77円/kWh
※出所、ピタでん公式サイト「電気料金メニュー」から引用抜粋


3人暮らし・4人暮らしなら熊本電力が最安値

3人暮らしや4人暮らしの方には熊本電力がおすすめです。熊本電力というと九州の電力会社として知られますが、実は全国の各地で電力供給を行っていて人気があります。各地域の電力会社ランキングでたびたび登場しているのも特徴です。熊本電力は家族で暮らしている方に向けたサービスを行っていて、3人暮らし以上の方は最安値での利用をすることが出来ます。

Looopでんきなどが1人暮らしの方に向けたサービスを充実させている中で、一貫して家族向けサービスを提供しているのが特徴です。オール電化のように電気使用量が多い家庭にもうってつけです。熊本電力への乗り換えのタイミングでオール電化へと切り替えを行う方も少なくありません。電力自由化が行われたことによって最安値で利用できる条件が変化しています。

熊本電力の料金プラン内容

プラン名 北海道電力での
プラン名
基本料金 電力量料金(税込み)
おうち電気B 従量電灯B 無料 28円/1kWh
しごと電気C 従量電灯C 無料 31円/1kWh(280kWh以下)
27.5円/1kWh(281kWh以上)
※出所、熊本電力公式サイト「ご家庭・お店向け低圧プラン/北海道電力エリアのお客様」から引用抜粋


北海道電力管轄エリアでオール電化なら昭和シェルのでんき深夜におトクな 「オール電化プラン」

北海道電力管轄エリアでは昭和シェルのサービスも提供されています。昭和シェルはオール電化にもぴったりのサービスを用意しているのが特徴です。北海道電力との相互乗り換えをする方も珍しくありません。昭和シェルは一般的な電力会社ランキングにはあまり登場していません。

ランキングだけを見るとLooopでんきやほくでんの方がお得に見えてしまう恐れもあります。しかし、オール電化を利用する場合には昭和シェルの方がお得になる可能性が高いです。ほくでんは料金は安いものの、オール電化にするのであればほくでん以外も選択肢に入るといえるでしょう。最安値で低圧電力を利用する方にもあっています。低圧電力を利用するために新電力会社への乗り換えをするケースもあります。

基本料金 3,124円
電力量料金 1時~18時 40.68円
8時~13時 30.91円
18時~22時
22時~8時 14.64円
※出所、昭和シェルのでんき公式サイト「オール電化プラン」から引用抜粋