イーレックスは東京電力よりどれだけお得?


 関東近辺にお住まいの方あれば何の疑いもなく東京電力と契約している方が多いと思いますが、イーレックスのようなお得な新電力会社はどんどんと登場しています。
 自分の生活スタイルに合った電力会社を選べる時代が来ているのです。




移りゆく電気事情

 電気が人々の生活を支える大切なものである事は言わずもがなですが、毎月の電気の料金がどれぐらいかかっているか正確に把握している家庭はどれほどあるでしょうか。
 意外と送られてくる電気使用量が記してある書類などにも目を留めていない方も多いのではないでしょうか。
 しかし電気の料金を正確に把握することは大切です。各電力会社の電気料金を比較することによって、より安い電気料金の電力会社へと契約を切り替えることができるかもしれないからです。
 関東圏にお住まいの方であれば東京電力と契約してる方が多いことでしょう。しかし東京電力以外の新電力会社と契約した場合毎月の電気料金がどのように変化するか考えたことがあるでしょうか。
 では新電力会社として関東間でも注目を集めているイーレックスという会社について考えてみましょう。


新しいムーブメント

 イーレックスは1999年に設立された会社で翌年の2000年には早くも電力事業を手掛け始めました。現在では東京証券取引所一部に上場し、アメリカの外資系電力会社と提携するまでに成長しています。
 当然この会社の売りとしてはより安い電気料金の提示がありますが、なぜそのように安い料金を提示できるのでしょうか?まず1番のポイントとしては 自社発電所で発電しているという点が挙げられます。
 そして 各企業の余剰電力を買い取ることによっても無駄なコストを省いています。この会社の自社発電とは土佐発電所と佐伯発電所による発電のことです。こうした取り組みによって安くて安定した電力の供給を実現させているのです。こうした特長の他にもイーレックスは バイオマス発電という特長を持っています。バイオマス発電とは二酸化炭素の排出係数を減らせるフリーでエネルギー方式であり、安定した発電方式としても注目されています。地球にやさしい 再生可能なエネルギーで時代のニーズに適合していると言えるでしょう。

お得な料金体系が魅力

 では実際に関東エリアでイーレックスと東京電力の電気の料金を比較してみた場合どれほどの違いがあるのでしょうか。
 一般的な電気の料金プランの家庭で考えた場合、基本料と電気使用量の合計で考えても、イーレックスのほうが東京電力よりも 1ヶ月間で2000円弱安くなると予想できます。1年間で考えるとかなりの差だと感じられるのではないでしょうか。特に電気使用量が多い家庭にはメリットがたくさんあると言えるでしょう。
 もちろん各家庭によって正確な電気の料金を割り出すためには具体的なシミュレーションをする必要があります。関東圏内にお住まいの方で電気の料金を少しでも安くしたいと考えておられる方は契約先の乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。


シミュレーションをしてみましょう

 契約の申し込みをするためにはホームページ上から申し込むことができます。個人の申し込みだけでなく法人の契約のための見積もり依頼もウェブ上ですることができます。供給エリアを選択して、新規の申し込みなのか、他社からの乗り換えなのかを選びます。他社からの乗り換えの場合は今現在の契約の電気事業者名とコードナンバー、お客様番号あらかじめ調べておくならスムーズに進みます。
 申し込み手続きが簡単なだけでなく、初期費用もかからず解約時の違約金なども原則無しということで、気軽に契約変更を行うことができます。自分自身どれぐらいの電気を使って、どれぐらいの電気料金になるのかイメージがつかめない人も、 簡単に電気の料金シミュレーションができるので、積極的にお問い合わせください。